【スカイブロック?】世にも恐ろしいフェイクニュース

ネタが尽き果て、活気が無くなり、一番大事なモチベーションも無くなってしまった。
もう記事を書き続けられないと判断した私は、6月にスカイブロックを引退した。


私「何…これ…?」

いつものようにツイッターを開きタイムラインを眺めていると、信じられないツイートが目に入った。
そのツイートはあたかもそれが本当に真実であるようにこう書かれていた。

確かに昨日焼き肉を食べに行ったのは事実だ。だけどこんな口約束はしてない。

私「しょうもないフェイクニュース流しやがって…取り敢えずももこにツイ消しするようたのm…」

ももこに連絡しようとした瞬間、Skypeの通知音が鳴った。

あまりにも狂ったメッセージに目を疑った。
ももこは、私が記事を書くと皆に公言しておき、絶対にスカイブロックから逃げられないように細工したのだ。

スカイブロックをやらせる為に「読者からの信用」を人質に取る最悪な手法。
こんな事されたら、私には記事を書く以外の選択肢が無い…

私「一体どうすればいい・・・」


ハイピクセルスカイブロックは去年流行したやり込み系マルチサーバーだ。
1年前はハマりにハマった。

何か目標があるなら、目標に向かってゲームをクリアするのはそれ程難しくない。
誰でもクリア出来るように設計されている親切なゲームバランスだ。

だがしかし・・・
このゲームで動画や記事を作ろうとすると話は変わってくる。

豊富な知識量。ネタを見つける力。流行を察知する能力。

スカイブロックのコンテンツは誰でも簡単に作れるわけじゃない。能力が必要になる。
能力を身につけるにはスカイブロックを楽しむ心が必要だ。


スカイブロックを楽しむ心が無いと

スカイブロックの知識を集めようともしないし、
ネタを探そうとも思わないし、
自然と流行にも疎くなってしまうから能力が身につかないのだ。


スカイブロックのワクワク感や楽しさを忘れてしまった私に、それらの能力はもう無い。

記事を書くためには、まずは忘れてしまったワクワク感を思い出すしか無い。
果たしてそんな事ができるのだろうか…?