Battle of Jerry打ち切りEND

タイトル
この話は半分実話、半分パクリ(フィクション)で構成されてます

山村「もしもし、サイト分析職人の山村(仮名)です。お疲れさまです」

私「お疲れさまです、山村さん。ブログの話ですか?」

山村「はい、Battle of Jerry 次回で最終回です」

私「うそおおおおおおおおおお!?」

山村「悪く言えば打ち切りです」

私「わざわざ悪く言わないでください!」

山村「元々人が少なくなってたんですけど、この企画始めてから余計人が減っちゃって…」

山村「The Pitより人気無かったです」

私「まじすか!?でも急に最終回とか言われても困りますよ!」

私「私の物語、やっと本編に入る所なのに…仲間とか出てきて」

山村「夢オチ…みたいな終わり方で良いんじゃないですか」

私「そういう終わり方ってよくありますけど、私の場合」

私「悪役のジェリーにクマノミ先輩が捕まってるじゃないですか」

私「しかも裏では酷い拷問を受けていて、地獄のような生活を強いられてるんですよ」

山村「The Pitとかぶってますね」

私「いや、全然かぶってないですよ!」

私「とにかくそんなわけで、クマノミ先輩を助けないとスッキリしないって言うか…」

私「しかもその為には色々と条件があって」

私「スキルアベレージが30以上にならないと、強制GIVEAWAYの爆弾が爆発しちゃうし」

私「スレイヤークエストをこなさないと、物語の重要アイテムであるOverflux Power Orbが手に入らないし」

私「しかもクマノミ先輩を救うために、全ペットの協力が必要な場面があるって設定なんですよ!」

山村「なんでそんな設定に…」

私「30日頑張って引っ張ろうと思って…これからどうすれば良いんでしょう」

山村「さぁ…上手くまとめてください」

私(なんか凄い他人行儀だな・・・)

私「で、引退まで何日貰えるんですか」

山村「10日以内に引退してください」

私「うそおおおおおおおおおお!?」

私「なんでそんなに酷い扱いなんですか!?」

山村「ほんと人気なくて…」

私「じゃあアイテムGIVEAWAYしちゃいますからね!良いですね!?」

山村「その件についてですが、ただGIVEAWAYすると『ありがとうございます(心はこもってない)』と言われて終わるだけなので」

山村「彼らにはライアーゲームをしてもらいましょう」

私「!?」

山村「人はレアアイテムを目の前にした時、友情を取るか金を取るか知りたいんです」

私「性格悪すぎやしませんか!?」

というわけで近日中にスカイブロック内でライアーゲーム(嘘つきのゲーム)を開催します。
告知までしばらくお待ちください。