【Battle of Jerry】出来なければGIVEAWAY 地獄のスカイブロック【#1】

注意
この物語はフィクションであり、実在の人物・界隈・事件とは一切関係ありません

【Chapter1α】忍び寄る影

テクテクテク・・・

テクテクテク・・・

ん…?

クマノミ師匠が…いない?

クマノミ師匠って誰?
見た目はクマノミ。頭脳はイシダイの師匠。
スレイヤークエストの記事でちょくちょく登場してアドバイスをくれてた。

???「クックック…」

ジゼル「だ、誰だ!?」

ジェリー「お前の師匠を誘拐したのは俺だよ。一足遅かったな」

ジゼル「師匠を何処へやった?居場所を吐いてもらうぞ」

ジェリー「クックック…その程度のスキルレベルで俺に勝てると思ってるのか?」

ジゼル「!?」

ジェリー「俺のスキルアベレージは30だ。それに比べてお前のアベレージはたったの23.2、雑魚め」

ジゼル「大事なのはスキルアベレージじゃない!SBを楽しむ心だ!」

ジェリー「wwwwwww」

ジェリー「お前が戯言を言うのは別に良い。だがな…これを見てみろ」

ジェリー「これはジェリー爆弾。俺のスキルレベルを超えた者しか解除出来ない爆弾だ」

ジェリー「さらに…毎日投稿、1ペット紹介、スレイヤー20連戦。それらの未達成をトリガーに起爆するようになってる」

ジェリー「爆発するとお前の全財産は強制GIVEAWAY、更にお前の師匠も焼クマノミとなって消えるだろう」

ジェリー「お前が引退するリミットである6月末までに…この爆弾、解除できるかな?」

ジゼル「くっ…なんて狡猾な奴だ…」

ジェリー「取り戻したくば学べ、そして辿り着いてこい」

ジェリー「出来なきゃお前そこで終わりね」


ペット紹介スレイヤー20連戦・・・それはどうにでもなる。

しかし問題はスキルアベレージ30以上だ。

たった一ヶ月でそこまで上げる手段はあるのか?

何はともあれ…情報収集しつつスレイヤークエストペット紹介か。

ゾンビスレイヤー20周の結果

  • 武器:
    Reaper Falchion
  • 防具:
    young装備一式
  • ペット:
    Parrot(ポーション時間延長)、Wolf(Lv63)
  • ポーション:
    Combat XP Boost3、Experience1、Magic Find4
    Speed8、Rabbit6、Agility3
    Critical3、Spirit3、Strength5
  • アイテム:
    Mana Flux Power Orb、Maddox BatPhone
  • ステータス:

  • キャンペーン:
    XP+20%
  • 1周にかかった道中の時間:
    23~27秒(中ボス多め)
    32~38秒(中ボスまぁまぁ)
    40~55秒(中ボス少なめ)
  • ボス討伐の時間:
    21~29秒
  • Combatレベル(30分):
    Lv30の834,691.6→960,325.2(+125,633.6)
  • ドロップ:

Endermite(エンダーマイト)のステータス・パーク・入手方法

  • ステータス補正:
    Lv1につきIntelligence+1(最大+100)
  • More Stonks:
    エンドストーンから微小な経験値オーブを入手出来るようになる
    また、X%の確率でエンドストーンを2個採掘できる
    Pearl Muncher:
    エンダーパールをXCoinsに換金する
    (※Telekinesisの有無に関わらず自動換金される。また、他人が落としたエンパも換金可能)

    Pearl Powered:
    エンダーパールを換金した時、10秒間スピード+X%増加
  • 入手方法:
    エンドストーン10,000個のコレクション
    (Super)Enchanted Egg1個、Eエンドストーン512個

  • ペットの種類:
    Miningペット
  • メリット:
    インベントリが埋まってSummoning Eyeを拾いそこねる確率が減る
    組み合わせ(Pearl PoweredPearl Muncher)のおかげでZealot狩り用のペットとして有能
  • デメリット:
    ステータス補正がクソ雑魚なめくじ
    基本的な用途がZealot狩りなのにペットの種類がMining
    レジェエンダーマン持ちには不要
  • 小ネタ:
    エンダーマンミニオンが召喚したエンダーマンのパールも換金可能
    ただしAFKで金策したとしても効率は良くない

【Chapter1β】Oringo

誰でも簡単に上げやすそうなスキルレベルはForagingっぽいな

仕方ない、早速木こりするk・・・

???「随分困ってるようだね」

ジゼル「あなたは…Oringoさん!」

Oringo「あの野郎には恨みがある。共に協力しようじゃないか」

ジゼル「Oringoさんもジェリーにやられたんですか?」

Oringo「あぁ…あの野郎、俺と同じセルに重なって営業妨害してきやがるんだ」

Oringo「それに加えて、勝手にお客様の島に、私の店と同じ外観の店を建てて商売し始めた。おかげで利益が出なくて店が潰れそうだ」

ジゼル「なんて最低な…何とか出来ないんですか!?」

Oringo「俺には無理だ。あいつのスキルアベレージだけは本物だ。全く勝てる気がしない」

Oringo「そこで君にお願いしたいんだ」

Oringo「とある熱帯雨林エリアで極秘に入手したペットがいる。そいつと共に木こりをして欲しい」

Oringo「そのペットが…こいつだ」

続く・・・